タグ:温泉 ( 9 ) タグの人気記事


2009年 10月 21日

高峰温泉ツーリング行って来ました。(その2)

b0105871_0263032.jpg
ここのお宿はお風呂が男女それぞれ2箇所にあります。
少々小さめながら、優しいお湯で長湯も快適♪
露天では無いものの、標高2000mの崖に建っている宿なので、景色も抜群です。(^^)

More...
[PR]

by garage_owner | 2009-10-21 01:15 | ツーリング日記
2009年 10月 05日

TP自転車部 乗鞍ポタレポ(その4)

b0105871_0241822.jpg
さあ、三本滝まで約14kmの爽快なダウンヒルスタートです!!(^_^)

More...
[PR]

by garage_owner | 2009-10-05 01:33 | ポタ日記
2009年 09月 29日

高湯温泉安達屋旅館へ行って来ました♪(^_^)

乗鞍の下りレポはちょっと後回しにして・・・。(^_^;)


昨日はツインパルスのツーリングで、福島県高湯温泉にある、安達屋旅館へ行って日帰り入浴して来ました。
前々から憧れていたお風呂の一つ!
期待を裏切らない、最高のお風呂でした!(^^)v

b0105871_011127.jpg


More...
[PR]

by garage_owner | 2009-09-29 01:36 | ツーリング日記
2008年 11月 18日

下呂温泉1泊ツー行ってきました♪


もう1週間以上前のことなんですが。
11月8日(土)~9日(日)に、大学の研究室つながりのメンバー11人で下呂温泉一泊ツーに行ってきました。
久しぶりに自分が幹事じゃないツーリング!
いつもよりちょっと気楽に楽しんできちゃいました♪

当日のコースは幹事殿にお任せ~。
あまりにすごいコースだったので、今更になってコースマップを作ってみました。(笑)

b0105871_010393.jpg
※クリックで拡大表示されます。


これは1日目のコースですが。
「どんだけ曲がってんだよっ!!」って感じでしょ!?
え?
この図じゃ分からないって?
じゃあ、テキストで書いてみますね!


東名 三ケ日IC → 国道362号 西天王町交差点 → 国道301号 和田交差点 → 県道526号 → 県道527号本宮スカイライン → 県道37号(岡崎清岳線) → 国道301号 →  国道473号 → 県道363号(善夫東大沼線) → 西三河中山広域農道 → 国道420号 → 県道364号(田峯東大見線) → 国道420号 → 国道153号(飯田街道) → 昼食(花の木) → 国道153号(飯田街道) 追分交差点 → 県道358号(月原追分線) → 県道355号(島崎豊田線) → 県道33号(瀬戸設楽線) → 県道485号(沢田御作線) → 国道419号 → 国道363号 → 県道20号(瑞浪大野瀬線) → 県道33号(瑞浪上矢作線)→ 道の駅 おばあちゃん市・山岡 → 県道33号(瑞浪上矢作線) → 国道363号 → 国道418号 武並橋 → 県道412号(恵那八百津線) → 県道68号(恵那白川線) → 県道62号(下呂白川線) → 国道256号 → 県道62号(下呂白川線) → 国道257号(木曽街道) → 国道41号(飛騨街道) → 県道88号 → 下呂温泉 みのり荘


どうっすか?
なんか、凄くないです??(^_^;)
この辺りを走ったことがある方なら分かると思うんですが、すんごく道が入り組んでて、ヒジョーに分かりにくいエリアなんですよね。
国道でシンプルに北上しようとしても、色んな国道が交差したり併走したりで、訳が分からず・・・。
なのにこの日は、ご覧のように半分くらいは県道も利用!

実はこの日の幹事殿は、愛用のSONYのナビにあらかじめルートを設定して有りまして。
お陰でこんな複雑なルートも、道に迷うこともなく行けちゃうわけです。

いやー、初めて「バイクでもナビってすごいんだ!」って思ってしまいました。
僕のようにツーリングマップルONLYな人だと、今回のルートは100%無理!!

ちなみに、1日目は昼過ぎまで結構な雨が降っており。
午後も終始ハーフウェットのような路面。
そんな状況で、三ケ日ICから下道だけで200km以上の超複雑ルートを通り、日没直前に下呂温泉に到着できたのは、やはりナビの力無くしては絶対に不可能だったと思います。。。
というか、僕の今の装備だと、雨の降る中マップルを眺めること自体無理だし。(^_^;)
そうなると、「雨降ったら一番近いICまで高速で走って、そこから国道で直行!」になるでしょうね、たぶん。(笑)
ん~、バイク用のナビ、ちょっと欲しくなってきたぞ・・・・・・。(>_<)



b0105871_049565.jpg
昼飯は豊田市富岡町の花の木にて。
名物の「焼き鳥定食」を注文。
「焼き鳥」と言っても、ご覧のように、鳥の丸焼きの半分が出てきます。(汗)
僕は店員さんに予め食べやすく切ってもらっちゃいましたが、間違いなく鶏1匹の半分がお皿の上に・・・。

お値段1,400円。
味付けは表面に塩・コショウのみのようで・・・。
ん~、個人的にはネタとして食べたものの、味は・・・・・・。(-_-;)
あまりのボリュームと単調な味付けに途中で気持ち悪くなり、かなりの量を残してしまいました。。。



b0105871_0492047.jpg
豊田市の小原地区の名物らしい、四季桜
なんと、春と晩秋の2回、花を咲かせる桜なんだそうで。
先週はまだ8分咲きという感じでしたが、町中のいたるところにこの桜が植えてあり、なんだか春のツーリングをしているような不思議な気分に♪



b0105871_0493486.jpg

「真っ暗になる前に何とか宿へ!」を合言葉に全員一丸となって一生懸命に走り、何とか日没直前に宿に到着~!
今回のお宿は、下呂温泉のみのり荘
僕にとって“初下呂”です。



b0105871_0495016.jpg
お風呂は、ヌルヌルの温泉でなかなか新鮮な感覚でした。
でも、やっぱり露天が無かったのはちょっとマイナスかなぁ。



b0105871_050347.jpg
宿から下呂温泉街を見下ろすとこんな素晴らしい景色が!
いっつも道路に街灯も無いような山奥の一軒宿ばかりなので、なんか不思議な感覚でした。(笑)

っていうか、やっぱF31fdの高感度特性(ノイズの少なさ)、すごいなぁ!!(驚)
これでISO800です。
ある意味、デジイチを超えてるかも・・・。



b0105871_0501671.jpg
夕食はこんな感じ♪
なんか、良くも悪くもいつもより豪華。(笑)



b0105871_0502843.jpg
今回の目玉、「飛騨牛のしゃぶしゃぶ」です。
やわらかくて美味しかった~。(*^_^*)




というわけで、下呂温泉1泊ツー報告でした~。
2日目も天気が悪く、ちょこっとだけクネクネしつつ、素直に中津川ICから高速で帰ってきちゃいました。

今回は天気には恵まれなかったけど、悪天候の中でもハードコースを堪能でき、とっても楽しかったで~す。(^^)
[PR]

by garage_owner | 2008-11-18 01:29 | ツーリング日記
2008年 10月 28日

初めての家族旅行♪

もう随分経ってしまいましたが、10月の3~4日に、白骨温泉の笹屋さんへ、家族で泊まってきました。
我が家にとって、初めての1泊家族旅行です。(^^)


b0105871_2319439.jpg
1歳3ヶ月になったハナ。
歩きもだんだんと上手になってきました♪


b0105871_2319559.jpg
のんびりとドライブを楽しみつつ、笹屋さんに到着!
このお宿は、数年前に嫁さんと2人で泊まったことのあるお宿。
1日に最大で10組しか泊まらない山奥の静かなお宿で、本当にのんびりできる雰囲気が気に入ったのでリピートすることに。(^^)


b0105871_23222997.jpg
白骨と言えばこの白濁の湯!
例の入浴剤騒動で、マイナスイメージが残っている方も多いかもしれませんが・・・。
僕は今も変わらず好きな温泉の一つなので全然気にしませ~ん。(^-^)

この内風呂、そんなに大きくは無いのですが。
泊まってる人数が少ないので、ほとんど人に会いません。
お陰でほぼ貸し切り状態での~んびり入浴♪
これも笹屋ならではだと思います。


b0105871_2325610.jpg
正直、多くの方が描いてるイメージほど、湯の乳白色は濃くないかもしれません。
(たぶん、この辺が入浴剤騒動に繋がったんでしょうね。。。)
でも、白骨の白骨たる所以は、この浴槽にビッシリと堆積した炭酸カルシウム成分!
笹屋さんの浴槽は、全体的に堆積している部分がツルツルスベスベしているのが気に入ってます。
特に浴槽の底の肌触りが最高!(笑)


b0105871_23342468.jpg
さあ、お待ちかねの夕御飯ですよ~♪
海の宿のような豪華さは正直有りませんが、手の込んだ「山のご馳走」が食べられます。


b0105871_23351975.jpg
b0105871_23431477.jpg
b0105871_23433272.jpg
b0105871_23435636.jpg
b0105871_23442119.jpg
b0105871_23445137.jpg
b0105871_23451533.jpg
b0105871_23453199.jpg
b0105871_23455054.jpg
b0105871_23462395.jpg
もう何にも食べられませんー。(>_<)
お腹イッパイで苦しいです~。(笑)


b0105871_23483294.jpg
さあ、食事の後はお待ちかねの露天風呂タイム!
このお宿では、内風呂と露天風呂が全く違う場所に有りまして。
露天風呂は混浴貸し切りのものが一つしかなく、家族ごとにのんびりと楽しめるようになってます。
これも客室の少ないお宿ならでは。


b0105871_23491472.jpg
前の方が入浴中の為、入口で少々待つことに。
予約制などではないので、「空いてる時に入って」というアバウトさもなんかのんびりしてて良い感じ。
まあ、子供が一緒だと、あんまり待ち時間が長いと大変ですけどね。
大体、それほど待たなくても入れちゃいます、ここの露天は。


b0105871_23493987.jpg
そしてこれが露天風呂!
いわゆる貸し切り風呂には見えませんよね!?
こんな素敵なお風呂を、家族で一緒に楽しめるなんて幸せだな~。
今回笹屋さんをチョイスした一番のポイントが、実はこの露天風呂だったりします。


b0105871_23504468.jpg
写真は飛んで、翌朝の朝食です。
お粥はもちろん、ここの温泉で作った温泉粥。
温かい焼き魚(鮎?)が食べられるのも嬉しかった!

b0105871_23563040.jpg
最近ではハナも離乳食ではないものが段々と食べられるようになったので、持ち込みのパンなども織り交ぜつつ、一緒に朝食を♪


b0105871_23573629.jpg
さあ、そろそろ宿を出発です!

b0105871_2541128.jpg

b0105871_23594822.jpg
この日は朝から最高の秋晴れに恵まれ、気持ちの良いドライブが楽しめました♪


b0105871_019465.jpg
上高地乗鞍スーパー林道より乗鞍岳を望む。
ああ、昔はあそこへバイクで行けたのになぁ・・・。


b0105871_0194750.jpg
帰り掛け、せっかくここまで来たのだからと、長野県山形村の唐沢そば集落に寄って新そばを食べて帰ることに。
数年前の笹屋1泊旅行の時にたまたま寄った、「からさわ亭」さんです。


b0105871_0201990.jpg
うん、うまい!
唐沢集落にはもっとマニアックな門構えのお店(一見すると普通の民家(笑))がたくさん有るので、もしかしたらそういうお店の方がもっと美味しいのかもしれませんが。
このお店のそば、僕は好きです。
パッと見、ちょっと頼りなさを感じる細めのそばなんですが、予想に反するコシの強さと香りの強さは絶品です!
2回目の訪問で美味しいのは分かっているので、今回は盛り3枚で注文。(笑)

あぁ、書いていてお腹がすいて来てしまいました・・・。(^_^;)


b0105871_0203434.jpg
嫁さんが頼んだ、地元産の長芋を使ったとろろそばも美味しそうでした。
(そういえば味見させてもらうの忘れてた!)


b0105871_0215682.jpg
諏訪湖SAにて。
慣れない環境で、疲れたんでしょうね。
帰りの車では爆睡でした。
ちなみにハナだけじゃなく、嫁さんもですが。(笑)


b0105871_023041.jpg
今回泊まった笹屋さんのお部屋、1人1泊、2万円也。
正直、僕の感覚だと相当高いお宿です。(^_^;)
でも実は、日本秘湯を守る会のスタンプ帳がいっぱいになっていたので、僕の分は無料招待だったんです!

この会の会員宿に宿泊すると、1泊で1つ、スタンプを押してくれます。
最初の宿泊から3年間以内に10個のスタンプを貯めることができたら、その10個のスタンプのお宿の中から一つを選んで、無料で泊まることができるんです。
僕の場合、仲間とのツーリングで年に4~5軒の温泉宿へ泊まっているので。
ツーリングだと山奥の温泉へ行くのが普通なので、秘湯を守る会の会員宿に泊まることも多いんですよね~。

基本的に「秘湯」なので、慣れてない方には色んな意味で(アクセスだけでなく、内容的にも(汗))ちょっと厳しいようなお宿も中には有りますが。
スタンプを集める楽しさも有るし、温泉好きならオススメしたいお宿がたくさん有りますよ~。(^_^)
[PR]

by garage_owner | 2008-10-28 03:10 | ドライブ日記
2008年 07月 22日

GW東北ソロツーレポ その2 (2008年5月3日)


さて、東北ソロツーレポ2日目です。

b0105871_1134951.jpg
前日に泊まった吹上高原キャンプ場。 (TM東北 P.46-B2)
ここ、相当良かったです、思いがけずに。
僕の大好きな広ーいフリーサイト。
テントの向こうに連なる山々。
敷地内に温泉は有るし(今回は入れなかったけど)、水場もトイレも清潔!
これで1泊1,000円とは!!
今まで本州で好きなキャンプ場って、本当に少なかったんですけど。
間違いなくお気に入りに追加♪
きっとまた来ることになると思います。(^^)


b0105871_11526.jpg
このキャンプ場、山々に囲まれています。
この辺りは先日の大地震の震源地にも近く。
もしかしたらこの山々の中に、大きな被害を受けた栗駒山も見えていたのかもしれません。
岩手・宮城内陸地震で被害に遭われた方々に、心からお見舞い申し上げます・・・。


b0105871_116243.jpg
朝のうちは曇りがちな天気でしたが、出発してしばらくすると、段々と青空が広がってきました。
一気にテンション上がります~♪


b0105871_1163495.jpg
時間短縮の為、若柳金成ICより東北道を北上。


b0105871_1212044.jpg
おっ!?
遂に岩手山が見えてきましたよ!
ここらで高速を降りて、八幡平へ向かいます。


b0105871_1215265.jpg
岩手山があまりにキレイなので、八幡平へ向かう前にちょっと寄り道・・・。
撮影ポイントを求めて地図にも無い道をグルグルと♪
「岩手富士」と言われるだけあって、本当にキレイな山ですね。(^_^)


b0105871_1222538.jpg
さあ、いよいよ八幡平アスピーテラインを上ります!
豪雪地帯らしく、スノージェットが次々と。
周りの景色が見れないのがちょっと残念。


b0105871_123055.jpg
まさに山岳ルートって感じ!
この辺りからどんどん高度を上げていきます。


b0105871_1261238.jpg
上のほうは5月だというのにこんな状態!
天気が良くて気温は高めとは言え、慎重に走ります・・・。

b0105871_124836.jpg
遠くにはさきほどの岩手山が!



動画も撮ってみました♪


b0105871_1351271.jpg
昨日からお風呂に入ってないし、早めに温泉に寄る事に。
2004年夏の東北ツー以来、4年ぶりの「ふけの湯」(TM東北P79-G7)です。(^^)


b0105871_145086.jpg
ロッジ風の宿にあるフロントでお金を支払い、谷底へ向かって斜面を2~3分下っていくと・・・。
ん?
何か見えますよ。
は、裸の人・・・!?
そうです、これがふけの湯の露天風呂なんです。
周囲から丸見えっ!(笑)


b0105871_1453646.jpg
あ、なんか目隠しが増えた?(これでも!(笑))
写真右手が登山道になっていて、前は裸のまま登山者と「コンニチハ!」って感じでした。(^^;)


b0105871_1471034.jpg
ここは混浴ですが、一応もう少し手前に、男女それぞれ専用のお風呂も有ります。
でも、ふけの湯に来たらやっぱりここに入らないとっ!


b0105871_148468.jpg
宿に併設の食堂で遅めの昼食を。
気が付けば既に14時半!
ちょっと長湯をし過ぎたか・・・。
一人旅だとついつい時間配分が適当になります。(汗)


b0105871_1512345.jpg
一般車が多そうな国道103号は避け、県道2号で十和田湖へ向かいます!


この後、無事に十和田湖に到着し、マップルで「広々とした芝生のサイト!」と紹介されていた十和田湖畔の「花鳥渓谷キャンプ場」を探し始めたのですが・・・。
どんなに探してもキャンプ場が見つからず・・・。
意地になって周辺をウロチョロしても発見できず、仕方なくマップルに載っている番号に電話してみると・・・。

「あ、さっきからこの辺を走ってるバイクの方ですね!? ごめんなさーい。うち、今年は休みなんですよ、キャンプ場。」

って、えぇぇぇ!?
そんなの有り?(T_T)

さあ、困ったぞ。
どうするか・・・。
時間は既に16時45分。
マップルとにらめっこするうちに、ふと思い付いたことが!
今回の旅の一つの目的地である、酸ヶ湯温泉。
電話して聞いてみると、「日帰り入浴の受け付けは17時半まで」とのこと。
実は明日が最終日の今回の旅。
このまま十和田湖周辺でキャンプ場を探せば明日の午前中には間違いなく酸ヶ湯に入れる・・・。
でも、今日のうちに酸ヶ湯に入れれば、明日の自由度が上がるのは間違いないっ!

あと45分・・・。
ここから地図上の目分量で30km前後?
急げば間に合う?
キャンプ場は・・・、風呂の後に考えれば良いやっ!(笑)


ってことで・・・、寝床も未定のまま、酸ヶ湯を目指します!(笑)
b0105871_1524074.jpg
風光明媚な観光地として有名な奥入瀬渓流沿いの国道103号を、超本気モードで突っ走ります!
酸ヶ湯がぁ、酸ヶ湯がオレを待っているんだー!
こういう時の為に、ワインディングでの走りを磨いているんですからっ!!(ゼッタイチガウw)


b0105871_1525732.jpg
走りながら思ったんですが、この辺り、ものすごい良い雰囲気なんですよね。
そりゃ、観光客が押し寄せるはずだ。(笑)
今回は猛スピードで通過してしまいましたが、本当なら日の出直後くらいに来て、写真を撮りながらまったり走りたい場所です。
いつかリベンジを!!

それにしてもこの道、本当に渓流に近いところを走ってます。
のんびり走るには流れがすぐ近くに見えて良いんでしょうけど、飛ばすにはかなりテクニカル!
地図で見るよりクネクネ具合もすごいし、ガードレールのようなものがほとんど無いので、ワンミスで美しい流れにダイブ!しちゃいそうですし。(汗)

でも、ここで今更ながらに関心したこと。
それは、テレレバーのアドバンテージ。
初めて走るテクニカルなコースでも、突っ込んでいくのがあまり怖くないんですよね。
もちろん、怖くないからと言って無理をすれば危険なのは言うまでも有りませんが。
精神的な余裕が有るので、その余裕を危険回避の分に取って置けるというか。
お陰で、渓流にダイブ!はしないで済みました。(苦笑)


b0105871_1535514.jpg
さあ、着きましたよ、酸ヶ湯にっ!!
最後の方は、八幡平以上の山岳道路となり、周辺全て雪の壁で、路面全体に雪解け水が流れてる状態で・・・。
高度が上がるにつれ気温もグングン下がってきて、「間違いなく明日の朝は全面凍結だろうな~!」って感じでした。
正直、2輪にはギリギリな感じ。
たぶん、あと1週間早かったらヤバかったんじゃない!?(^^;)
(時間的にもライディング的にも余裕無かったので、写真は撮ってません。。。)

何はともあれ、無事に酸ヶ湯に到着したのがGSの時計で17時29分!
急いでパニアから温泉道具を出して受け付けにダッシュすると、従業員のお姉さんが発券機の電源を落としているところでした!(涙)

しかし、ダメもとで、「え? もう終わりですかぁ??(ノ_・、)」なんてウルウルした目で訴えてみると・・・。
「あ、18時までに出てくれるなら良いですよ♪ こちらへどうぞ!」と、そのまま受け付け処理をしてくれました。
いやー、命を掛けて(?)飛ばしてきて良かった!
女神に見えましたよ、このお姉さんが。(笑)


b0105871_227261.jpg
さすがに混浴の酸ヶ湯で写真は撮れないので。
公式サイトより拝借した写真です。
僕が入った時にはこんなに混雑はしておらず、この写真の3分の1くらいかなぁ。

歴史を感じる木造の浴槽と建物。
必要最低限の照明によるナチュラルな雰囲気。
そして何よりも、嗅いでいるだけで幸せになれそうな硫黄の香りと、ここまで濃い色はなかなかお目にかかれない、美しい白濁の湯。
もう、最高です!!
個人的には大好きな温泉ベスト5にランクインした感じです♪(^-^)

一部で、「最近の酸ヶ湯は混浴マナーが低下してきて最悪!」という話も聞きますが・・・。
うーん、どうなんでしょうね。
僕の入ってた時には、ほとんど女性客が居ない感じだったのでイマイチ「最悪!」具合が分からず。
確かに壁側にドーンと陣取って、女性客が入ってくるのを待ってるとも取れるような輩が居たような気もしますが・・・。
そんなことよりも、混浴なのに「この辺りは男性エリア、この辺りは女性エリア」と目に見えないラインでエリア分けしてあったり、脱衣所から浴槽までのアプローチ部分に、かなりしっかりとした目隠しのスダレ(?)があったりするのが逆にちょっと違和感・・・。
(アプローチをスダレで隠しても、結局湯船は一緒(笑))
まあ、色々考えた末に出した、宿側の苦肉の策なんでしょうけど。
隠すと余計に気になるのが男心・・・。(苦笑)
例えば、万座プリンスホテルの混浴露天風呂なんかは、女性には積極的に湯あみ着を貸していて、結構普通に混浴ができてる気がするのですが・・・。
(と思って調べたら、酸ヶ湯でも売店で湯あみ着を売ってる模様。(^^;))

何にせよ、こんなに素晴らしい温泉なのですから、これからも沢山の方々が笑顔で楽しめるような場所であって欲しいですね。
もちろん、男性も、女性も。


30分弱ながら酸ヶ湯の素晴らしいお湯を堪能し、マップルとにらめっこ。
時間は既に18時過ぎ。
日没はすぐそこ。
なのに今夜の寝床がまだ決まってません。(汗)
せっかくここまで来たのだから、キャンプの為に南下することは避けたい。
経験者なら分かると思うんですが、東北を回ってると、「南下する=負けを認める」みたいな感覚になることが有るんです。(笑)
酸ヶ湯から北方面でキャンプ場を探すと、酸ヶ湯から青森市の市街地へ向かう途中に「モヤヒルズ」という、なにやら怪しい名前のキャンプ場を発見!
日没間近だし、この際、吟味してる場合じゃないので、とりあえずそのキャンプ場へ!

b0105871_2291758.jpg
またまたバビューっと飛ばして、モヤヒルズに着いたのが18時40分。
着いてびっくり!
何ですか、この規模のでかさは!?


b0105871_2293666.jpg
どうやら、スキー場と併設らしく。


b0105871_2301568.jpg
受け付けのある建物の豪華さに、軽く引きました。(汗)
あとで分かったのですが、ここって青森市のやってる公的な(?)施設なんですね。
敷地内にでっかいホテルはそびえ立ってるし、周辺の環境を考えると正直ちょっと異様・・・。
バブルの頃の施設なんでしょうか?
良くも悪くも、バイク貧乏旅には不釣り合いなくらいに素晴らしすぎる豪華さ・・・。

でも、この建物の中に温泉もあって、こんな時間にチェックインしてものんびりお風呂に入れて助かりました♪

って、「ふけの湯にも、酸ヶ湯にも入ったんじゃないの?」って??
いや、ああいった温泉では、単純に「お湯を愉しむ」だけなんですよね、僕としては。
なので、体は石鹸で洗わないし、シャンプーもせず。
今度は、「体をキレイにするための入浴」なわけですよ。(笑)
本当は上がり湯もせずに体に染み込ませている酸ヶ湯の香り(硫黄の香り♪)を洗い流すのがもったいないんですけどね・・・。
今回の東北は思った以上に気温が高く、結構汗だくなので。(^_^;)


b0105871_2305745.jpg
オートキャンプ場とは言っても、ちゃんとフリーサイトエリアも有りまして。
バイクだと1人1泊500円!
トイレも流しもキレイだし、これはこれでかなりオススメキャンプ場でした。
大きな声じゃ言えないけれど、調理場で携帯やデジカメの充電ができたのもポイント高し!(^^)


b0105871_2323593.jpg
ここはフリーサイトに向かう途中のクルマ用エリアですが。
青森市街の夜景が見えて、なかなか良い雰囲気でした♪


b0105871_233197.jpg
一回ふもとの市街地まで買い物に出かけ、のん気にセンターハウスのお風呂に入っていたら、遅くなっちゃいました。
この時既に21時。(汗)
それでも米だけは炊くのが僕のこだわり。(笑)
なんか、米を炊くと、「あー、一人旅をしてるんだなー」って実感が持てるので好きなんですよね。


b0105871_2335723.jpg
ランタンの明かりに照らされ、バーナーの「シュゴー」って音だけが響き渡るこの時間、結構好きです。(^^)


b0105871_2343358.jpg
今夜のおかずはさっきコンビニで買ってきたレトルトのマーボー丼。
米さえ炊けば後は何でも良いんです。
それでも、コンビニ弁当で済ませることだけは何としても避けたい、微妙なこだわり。(笑)


b0105871_2352966.jpg
洗い物がなるべく少なくなるよう、炊き上がったご飯にそのままぶっかけー!(笑)


b0105871_2372977.jpg
この晩は、お隣にテントを張っていたシェルパの方と、真夜中までバイク談義・温泉談義で盛り上がりました。(^^)



かなりダラダラと長くなってしまいました・・・。
ここまで読んでくれて感謝です!
次回が3日目、最終日になります♪


 2日目の走行距離 : 437km
[PR]

by garage_owner | 2008-07-22 12:50 | ツーリング日記
2007年 10月 23日

10月13~14日、秘湯ツーリング行ってきました。

随分長いこと放置してしまいました。(^_^;)
娘ハナも今日で4ヶ月。
夫婦で子育て奮闘中です!
またその辺りは後日ゆっくりと・・・。


先週末、会社の先輩その他のメンバーで、恒例の秘湯ツーリングに行ってきました!
行き先は山形県飯豊町に有る「湯ノ沢間欠泉 湯の華」。
http://www.iikanjini.com/hirogawara.htm
日本で唯一の炭酸ガスにより噴き上げ入浴できる「間欠泉露天風呂」を持つ秘湯の宿です。
事前情報では、とんでもない山の中に有るらしいとのことで、楽しみです。(^^)

関越道小出ICから国道252号をひた走り、喜多方へ!
国道252号は単調であんまり面白くなかったので写真も有りません!(笑)


b0105871_23412833.jpg
坂内食堂で昼食です。
今回で3回目ですが、この日はすっごい並んでてビックリ!
普通のツーリングだったら即却下ですが、今回は時間的に余裕もあったので、のんびり並んで食べることにしました。


b0105871_23415414.jpg
店内は昔ながらの食堂そのものです。


b0105871_23414018.jpg
過去2回とも、「肉そば大盛り」を注文して、食べても食べても減らないチャーシューにノックダウン気味だったので・・・。
今回は初めて「ネギラーメン大盛り」を。
んー、こってり気味なチャーシューにネギの辛味がちょうど良い感じ♪

でも・・・。
ココだけの話、僕はそんなに好きじゃないかも、坂内食堂。
スープも麺も、あっさり過ぎかなぁ・・・。
喜多方ラーメンってみんなこんな感じなんでしょうか?
喜多方ファンの方、スイマセン。(^_^;)


b0105871_23422089.jpg
さあ、ここから先は宿まで7~8kmのダートです!
宿までのダートとしては過去最長。
正直、ロードバイクにはちょっとキツイです。
GSもパイロットロードに履き替えちゃってるので全くグリップせず・・・。
でも、「マジかよ!」って道の先に有ってこそ秘湯。
ワクワクしながら走るのは楽しかったです。(笑)


b0105871_23423416.jpg
実は数年前にできたばかりのこの宿。
すっごい山奥なのに建物はピカピカです。
民家も何も無いダートの行き止まり地点に、こつ然と姿をあらわします。(汗)
ちなみにこの宿、電気は来てなくて自家発電だし、電話は通じてなくて衛星携帯だし・・・。
当然、普通の携帯電話は全キャリア圏外・・・。
本当にとんでもない山奥です。


b0105871_23425069.jpg
明るいうちに到着できたので、早速お風呂へ!
これが噂の間欠泉露天風呂。
ミルクコーヒーみたいな色のお湯が良い感じ。


b0105871_2343672.jpg
15分くらいに1回、数分間吹き出し続けている感じ。
拭き出して来るお湯は35℃でほんのり温か。
ってことはそれが溜まってるだけの露天風呂は・・・。
推定水温、25℃以下!?
正直、「ぬるい」ではなく、「冷たい」です。(苦笑)
でも、根っからの温泉好きな今回のメンバー。
寒さに負けず、熱々の内湯で体を温めながら、この日本唯一の間欠泉を楽しみました。(^^)

どうやら、この歴史ある間欠泉をそのまま残すため、敢えて加温などの手は加えずに残してるみたいです。
正直、たぶん真夏以外は全然快適に入れない湯温ですが、この「あるがままを残す」姿勢には温泉ファンとして拍手!

ちなみに、1日に1回くらい、10mくらいまで吹き上がることがあるとのこと。
残念ながら、僕らが入浴中には最高でも2~3mくらいまでしか上がらなかったですけど。
でも本当に、自然の神秘を感じました。


b0105871_2343202.jpg
さあ、お風呂のあとはお待ち兼ねの夕食タイム!
嬉しいことに、この宿では生ビールが!
これ、かなりポイント高いですよ。(^^)


b0105871_23434878.jpg
いやぁ~、過去色々な山奥の秘湯宿へ行ってきましたけど。
これほど美味しい山の食事を楽しめたのは他に無いかも。
焼きたてアツアツのヤマメの塩焼き、そして驚きのヤマメの刺身!
山菜の天ぷらも全て揚げたて。
馬肉のお鍋も美味しかったー。
そして・・・。


b0105871_234625100.jpg
じゃーん!
今回追加料金を払って注文しておいた米沢牛のステーキ!
肉もさることながら、ガーリック風味のソースも最高。
いや、マジで美味しかったです。(^^)


b0105871_23463924.jpg
ご飯はうれしい炊き込みご飯♪
確かマツタケご飯だったような記憶が・・・。(酔っててあんまり覚えてません。(笑))
最後にこんな炊き込みご飯が出てきて、マジ嬉しかったー。


b0105871_23465571.jpg
日付が変わって翌日。
さあ、昨日通ったダートをもう一度走って帰りますよ~。


b0105871_23472349.jpg
実は、GSに乗ってから今回が初ダートでした。(汗)
タイヤが完全ONロードタイヤだし、恐る恐る走り始めましたが・・・。
思ったよりも楽しい!
まあ、路面もそんなにガレているわけでもなかったのが良かったんでしょうけど。
場所によってはフカフカの砂利が浮いていて全くグリップせず。
それでもGSは、抜群の車体バランスで怖さも無く走れました。
んー、急にOFFタイヤが履いてみたくなったかも・・・。(^_^;)


b0105871_23474559.jpg
いくらフラット気味なダートとは言っても、ハヤブサやZZR1100やVTR1000やブラックバードですよ!?
写真を撮ってる箇所は余裕が有るから撮影できてるわけで、もっと走りにくい場所もたくさん有りました。
相当キツイだろうなぁと思ってたんですが、意外や意外。
皆ゆっくりながらも危なげなく走れてます。
結局、経験と腕なんでしょうね、こういうのは。


b0105871_2348333.jpg
こんな風に川みたいに流れてる場所も。
今回は余裕でしたが、大雨の後は結構大変そうです。


b0105871_23484880.jpg
さあ、ダートも終わり、ペースを上げて快走です!
米沢近辺から、知る人ぞ知る酷道399号へ!
このメンバーは例外なく皆ハイペース。
タイトコーナーも高速コーナーも、バリバリ行っちゃいます!


b0105871_23485933.jpg
峠の頂上でしばし休憩。
バリバリ走ったあとに峠の頂上でまったり会話。
こういう瞬間、とっても好きです。(^^)


b0105871_2349999.jpg
結局、酷道399号を走破し、常磐道から帰ってきました。
いや~、楽しかったなぁ~!(^^)


今回の総走行距離、1016km。
あ、結構走ったのね。
どうりで疲れるわけだ・・・。
月曜日は体が鉛のように重くて大変でしたよ・・・。(-_-;)


--

コメント発言で更新モチベーションもUP!
お気軽に 一言コメントを!(^^)
[PR]

by garage_owner | 2007-10-23 01:33 | ツーリング日記
2007年 05月 22日

糸魚川ツーリング♪


この週末は、年に2回恒例の秘湯巡りツーリングで新潟県の糸魚川まで行ってきましたー。
メンバーは会社の先輩@VTR1000Fおよび、その先輩の学生時代の同級生の皆さん。
僕は数年前から混ぜてもらってますが、皆20年近くの間、年に2回の定例ツーリングを続けてきたメンバー。
ほとんどが40歳前後の「バイクブーム世代」なので、とにかく走りが熱いっ!(笑)

b0105871_2145381.jpg
湯ノ丸高原の地蔵峠山頂駐車場にて。
全員カッパ着用です。
朝から雨が降ったり止んだりでしたが、小諸周辺で一時的な晴れ間が!
新品タイヤだったので雨だとすごく滑ってやばいなぁ~とドキドキしてたんですが、完全ドライの地蔵峠で何とかサイド部分まで皮むきができました。
フルバンクさせてトラクションを掛けるとと、「ニュル~」って滑ってましたけど。。。
サイド部分の皮むきって、結構危険ですよね。(^_^;)


小諸の晴れ間の後はずーっと雨だったので、写真は省略!
須坂長野東ICから再び上信越道に乗り、宿まで一直線!
b0105871_221634.jpg
途中、豪雨に遭いながらも16時前には笹倉温泉龍雲荘に到着!
今回で2回目の宿泊ですが、前回に引き続いて屋根下にバイクを置かせてくれて、バイク乗りにすごく親切なお宿です。(^^)

b0105871_22314092.jpg
源泉が3本もあって、それぞれ微妙に違った湯を楽しめます。
基本的には無色透明なナトリウム炭酸水素塩泉ですが、肌触りがヌルヌルする、いわゆる美人の湯。
b0105871_22395113.jpg
2箇所に分かれた温泉のうち、お世辞にも豪華とは言えない設備の「千寿の湯」。
実はこちらのみ源泉掛け流しで、茶色い湯ノ花がたっぷり♪

b0105871_22175972.jpg
料理も良いんですよ、このお宿!

b0105871_2250347.jpg
献立表もキチントあって雰囲気グー♪
※クリックすると拡大します。


b0105871_23431577.jpg
このお宿は、結構な山奥に在りながら海が近いという場所柄、海の幸も美味しいです。


b0105871_2343589.jpg
牛肉の朴葉味噌焼き。
何とも絶妙な味付けで美味しかったー!


b0105871_23441752.jpg
山菜釜飯は目の前で炊き上げます。


b0105871_2353106.jpg
お酒を飲んでワイワイやってるうちに・・・。


b0105871_23451392.jpg
ホカホカの釜飯の出来上がり~。(^^)


b0105871_23592272.jpg
日付が変わってこちらは翌日の朝ごはん。
朝ごはんも手が込んでいてとっても美味しかったです♪

b0105871_015556.jpg
温泉水で炊いた、「黄金ご飯」。
このお宿ならではのご飯で、ただでさえ美味しい新潟のお米が、よりいっそうのモチモチ感、味、香り。
何より見た目のツヤと粒立ちがすごいです!
本当に美味しくて、皆朝から4~5杯はおかわりしてました。(笑)
(写真で見るより、実際は黄金色に輝いてましたっ!)

b0105871_073096.jpg
焼いているのは「笹ガレイ」の一夜干し。
小さな魚ですが、感動的に美味しかった!
何より、朝から熱々のお魚が食べられるのが幸せ~。(^^)

b0105871_0133420.jpg
実はこのお宿も、「日本秘湯を守る会」の会員宿になってます。
毎年、年に4~5箇所の温泉宿に泊まっている僕ですが、笹倉温泉龍雲荘さんは自信をもってお勧めできる良宿ですっ!


b0105871_0164142.jpg
「さあ、出発!」と思ったのですが、朝から大雨でカッパ装着!
かなりブルーな気分です。。。(-_-;)


b0105871_0242459.jpg
雨に打たれながら国道148号を白馬辺りまで南下すると、いつの間に快晴にっ!
まだまだ雪の残る後立山連峰と青空のコントラストにしばし見とれてしまいました。

ちなみに今回の参加バイク。
VTR1000F×2台
FZS1000FAZER×2台

バンディット1200
ZZR1100
CB1300
GSF750
CBR1100XX(日帰り参加)
そして僕のR1150GS

明らかにGSだけ浮いてます。。。(苦笑)
まあ、このメンバーにW650で参加していた去年までを考えれば、まだマシな気もしますが。(^_^;)


大町から県道55号で上信越道坂城ICまで。
雨であまり楽しく走れなかった前日のうっぷんを晴らす様に、お腹いっぱいのワインディング!
b0105871_0433330.jpg
新品だったパイロットロードも、キッチリ端っこまで皮むき終了。
まだビバンダムくんはかすかに残ってますけど。(笑)

Pロード、まだまだ走り込んでみないと何とも言えませんが。
第一印象的にはすごく良い感じです。
中立付近がものすごく軽く、フルバンク時のグリップ感も素晴らしく。
何より、高速域での硬質でフラットな乗り心地を伴う安定感はアナキーの比じゃありません。
その分飛ばし気味になってしまうのが欠点かも・・・。(笑)
ただ、凹凸的に荒れ気味の路面だとトレッドの硬さの影響か、アナキーよりグリップを失う場面が多かったような!?
また走りこんだらレポします。
興味のある方はコメントをどぞ~。

b0105871_12519.jpg
ガレージに無事帰還~。
今回の走行距離は約800km。
クタクタになって帰っても、チェーンロックやカバーを掛ける必要も無いし、荷物下ろしも後回しでOKだし。
garage house life 最高!(^_^)



--


コメント発言で更新モチベーションもUP!
お気軽に 一言コメントを!(^^)
[PR]

by garage_owner | 2007-05-22 01:24 | ツーリング日記
2007年 04月 26日

乗鞍高原温泉ツーリング

もう2週間も前のことなんですが、4月14日(土)~15日(日)に、乗鞍高原温泉へ1泊ツーリングに行ってきました。

b0105871_12362832.jpg
道の駅日義にて。
後に見えるのは木曽駒ケ岳です。(たぶん)
まだまだ雪がかぶっててキレイですね~。
ちなみに白-オレンジのメットをかぶってるのが僕ですよ。

b0105871_12401244.jpg
1日目の昼食は長野県伊那市に有る梅庵というお店に寄りました。

b0105871_12403983.jpg
いや~、美味しかった!
僕は「行者そば」と「田舎そば」を食べましたが、ちょこっと味見した普通のもりそば(もりそばのみ細打ち麺)も絶品!!
次回はもりそば&行者そばのオーダー決定です!(笑)

b0105871_1247450.jpg
今回のお宿は長野県の乗鞍高原に有る山水館信濃さん。
見ての通り、真っ白な濁り湯の温泉。
クタクタになるまで走った後に、大好きな硫黄臭に包まれながら入る白濁の湯。
もう最高です。
これだから温泉宿ツーリングはやめられません。

b0105871_12472044.jpg
夕食は囲炉裏を囲みながら。
イワナの塩焼き、鴨鍋、お蕎麦、山菜の天ぷら、馬刺し・・・。
見た目には少々地味ですが、すごく美味しかった~。

b0105871_12543933.jpg
宿の周辺はまだまだ積雪してます・・・。
普通ならまだバイクで行く季節じゃないと思います。(^_^;)

今回の参加者は8人(8台)。
大学の時の研究室OBメンバー+恩師である教授というメンバーで、年に2回は温泉宿1泊ツーリングに行ってます。
ツーリングももちろんですが、こうやって年に2回、恩師や仲間や先輩、後輩と一緒に酒を飲んで語り合うのも楽しいです。
さあ、次にこのメンバーで走るのは秋だなっ!(^^)



--

コメント発言で更新モチベーションもUP!
お気軽に 一言コメントを!(^^)
[PR]

by garage_owner | 2007-04-26 13:00 | ツーリング日記